スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時効取得と登記(少し自慢したい話)

 かなり面倒で時間も智慧も必要な事件を解決することができた。若干の自慢話である。
 最近,被告が77名の事件の訴訟を提起した。所有権の登記が明治44年にされている土地を購入した人が原告であり,私の依頼者であった。なぜ,77名もの被告が存在するかというと,前記明治44年(即ち102年前)に登記された人の相続人が現時点で77名いるということである。
 その土地の売主は当該地のすぐ近くにすんでいる人で,自分名義に登記を移転したあとで,買主名義にしようと考えていたようである。しかしことは簡単ではない。まず相続人の調査が必要だが,次から次に戸籍を手繰っていかなければならない。売主はこれに着手はしたようだが,途中であきらめた。また,仮にそれができたとしても,今度は現在の相続人全員の同意が必要である。とはいえ一桁の人数なら同意を得るよう試みる価値はあるだろうが,二桁になるような場合は全員から同意を取り付けるのはまず不可能である(全員から印鑑証明書付の書面―相続分の譲渡証明書あるいは遺産分割協議書―を取得する必要がある)。100年以上も前に生きていた祖先名義の,聞いたことも見たこともない土地について,「あなたが相続人の一人である。ついては,あなたの持分も売ったが,登記をするために印鑑証明書付の書面をくれ」と言わなければならない。事情を説明したところで,胡散臭い話として警戒されるのがおちだろう。
 私の事務所で,相続人は半年近くかけて調べた。40~50名かな,と思っていたが結果的には77名いた。謄本等の取得費用だけで30万円近くかかった。
 問題はここからである。さてどういう形で登記までもっていけるだろうか。結局私が考えたのは,時効取得による共有者全員持分全部移転登記手続訴訟を起こす。そして判決による登記をするということである。複雑な登記をするためには,法務局との事前打ち合わせは欠かせない。そのため,何度か管轄法務局に相談に行き,あるいは書面で照会をかけ,「いけるかも」という感触を得た。
 次に裁判所である。まずどこの裁判所を選ぶかという問題がある。手続的にもかなりややこしい部分があるので,複雑な事件に慣れた裁判所がいいと考えて提訴裁判所を選んだ(被告の誰かの住所地であれば,その地を管轄する裁判所に訴えることができる)。
 そのうえで次に問題になるのが「送達」である。77名中の一人は外国にいるようだった。国内ならばともかく,外国にいるとなると・・・・。全員に訴状が届かなければどうにもならない。さらに被告らの中には高齢者もいる。この人たちの誰か一人が亡くなれば,また手続きが煩雑になる。訴訟能力がない人もいるかもしれない。悩みはつきない。
 しかし,これらの問題も何とかクリアーできた。多少紆余曲折はあったが,判決までたどり着くことができた。
 とはいえ,これで安心するわけにはいかない。今度は登記である。代位による相続登記を二十件以上行った後最終の時効取得の登記をしなければならない。事務作業は複雑であり,煩雑である。これも再度法務局と相談して何とか登記までこぎつけることができた。
 登記が完了して,達成感を味わうことができた。依頼者にも胸を張って「できましたよ」と報告することができた。
 この事件を解決できたのは,たぶん私が司法書士経験のある弁護士だからだろうと思う。弁護士は問題を法廷にもっていき,裁判所の判断をうけるのが仕事である。司法書士は,法務局に登記申請をするのが仕事である。一方の知識,経験だけではこの問題を解決して登記まで持っていくのは困難だったように思う。少し自慢したい気分になっている次第である。
スポンサーサイト

減量

 引き続き減量の話である。現在の体重は67~68㎏。久しぶりにかかりつけの医者の所に行くと,昨年12月のカルテを取り出して「当時は85.5㎏だった。ちょっと痩せすぎですね。リバウンドが怖い。72㎏程度でいいですよ」とのこと。昨年12月からで計算すると,3㎏/月痩せた計算になる。我ながらけっこう頑張ったなと思う。
 最近は,ちょっと前の私を知っている人から,「大丈夫ですか。なんかしんどそうですね」などと言われることがある。そのたびに「うん,人から見てそう見えるほど減量したんだな」と内心若干の誇らしさのようなものを感じる。他愛のないものである。ちなみに,いつも血液検査で引っかかっていた肝臓機能に関わる数値はほぼすべて基準内になったし,血圧も下がった。体調は良好である。
 今回の減量は,要するに「手術が怖い」という動機からおこなったもので,やっていること自体は大したことはない。多少長続きしているだけである。もし自分も減量にチャレンジしたいと思われる方がいれば,その「ノウハウ」(などと言えるほどのものではないが)お教えしますよ。

減量と体力づくり

 「胆石症」と診断されてから約3か月。必死で減量と体力づくりに取り組んでいる。84㎏あった体重は73㎏に減った。朝晩はストレッチもどきの体操を行う。スイミングプールにいって歩いたり,自宅から摂津峡近くの下の口までを早足で往復する。暴飲暴食,運動不足で完全に錆びついていた体を還暦をすぎてから立て直そうとしているようなものである。もっとも,かの三浦雄一郎氏も60過ぎのときは完全にメタボだったそうで,それから懸命に体力づくりに励み,ついには75歳(だったと思う)で,エベレスト登頂までやり遂げた。それを考えると,体の錆をとることくらいはできそうな気がする。
 最近の夢は,四国88か所まいりである。総距離1200㎞。40~50日かけて徒歩で回る。背中に「無料法律相談 弁護士多賀光明」の幟をたてて,ときに沿道から声をかけてくれる人の法律相談にのる。体の錆のみならず,心の錆も取れるのではないか,などと思う。
 四国遍路の解説書と地図を買って時々寝る前に眺めている。「夢」というほど遠い事柄でないような気もする。胆石の手術でも終わったら本格的に計画しようか,とも考えるこのごろである。

健診

 2月3日の夜,家内と京都岡崎の京都会館で催された石川さゆりショーに行った。芸能音楽の類には縁がない私だが,それでも石川さゆりの“天城越え”や“風の盆恋歌”は大好きで,一度はテレビではなく,本物を見てみたい,と思っていた。会場にきていたのは,ほとんど同年輩の人たちだったように思う。なんとか何十年かを生きてきて,その経験が稀代の演歌歌手の歌をききたいという気分や感情を共通にさせているのかも・・・・などと思う。
 やはり舞台は素晴らしかった。
 帰りに,ふと思い立って京都会館から徒歩数分のところにあるはずの居酒屋をのぞいてみることにした。学生時代(もう40年まえの話である)によく行った店である。はたしてあるかどうか,と思いながら行ってみたら,あった! 店を切り盛りしていた“お姉さん”も老境であるが,今もいた。「熊野寮にいたんですが・・・・」というと,数秒たって「そういえば面影がある」と言ってくれた。短い時間だったが,昔の思い出話をしてお銚子を2本あけ,餃子を食べた。そして気分よく帰宅した。
 話はここからである。夜中に,上腹部に違和感があって目が覚めた。だんだん鈍痛がひどくなり,気分も悪くなった。口に指をいれて,必死の思いで胃の内容物をだしたが,それでも鈍痛はおさまらない。居ても立ってもいられず,ふとんの上に寝転がっても,どんな姿勢をとっても鈍痛はおさまらない。どれくらいたったか,ようやく眠気が勝って,寝ることができた。この鈍痛が,その翌日も,さらにその翌日も続いた。なんとかかんとか寝ることはできたが,3回目の鈍痛がきた朝,家内が「顔が黄色い」という。事務所にでると,皆に「病院に行った方がいいですよ」と言われた。
 それでかかりつけの医者の所に行ったところ,血液検査,尿検査,エコーを取ったあと,近くの大病院を紹介された。
 翌々日,その病院の内科を受診する際の問診票に「癌だった場合,告知を希望しますか」との質問があった。しばらく考えて「希望しない」の方に○をつけた。
 そこでも,エコーをとりX線写真をとり血液検査をうけたあと,内科医の診察をうけた。「胆石ですね」「とった方がいいです」「外科を紹介しましょう」ということで,その日のうちに,消化器外科で再び診察をうけた。ここでも問診票があった。「告知しないでくれ」と内科で言ったものだから,ほんとに胆石だろうかと疑いはじめ,「どうせ,告知されなくても,医者の様子や家族の様子,治療の仕方を見ていたらわかるものはわかる」「ずっと,疑心暗鬼でいるよりも,すっきり言ってもらった方がよいかも」と思い始め,外科の問診票には「内科では,告知しないでくれ,と言いましたが考えをかえます。全部言ってください」と書いた。
 外科医は「胆石でしょうが,がんの可能性も排除しないでみてみましょう」ということで,翌日に血管造影のCT検査,さらにその翌日にはMRI検査を受け,その3日後にそれをみて今後の方針を決めることとなった。
 この3日間は,実にうっとうしかった。インターネットで病名や症状,検査方法を検索しまくり一喜一憂することを繰り返していた。
 結論は「胆石症」だった。手術はしなければいけないようだが腹腔鏡でできるということで,あまり大げさに考える必要はないようだ。ただし,肥満で脂肪が腹部にたまっているので,「体重を減らして脂肪も減らしますから」といって外科の先生にお願いして少し手術を先に延ばしてもらうことにした。
 外からみればなんということのない話であるが,本人としてはいろいろ思うことがあった。
 親しい友達数名に,精密検査中という話をしていた。ある友達に「やっぱり胆石だった」というと,「ああそれはよかった。しかし,ちょっと残念なような気もするな」と言われた。「残念,ということはないだろう」と答えたが,まあ,当人以外からみれば,そんなものかもしれない。

日弁連会長選挙と法曹人口論

日弁連会長選挙がはじまった。4人の候補者がいるが,法曹人口問題については,3人は司法試験合格者数を1500人にする,と言っており,他の1人は,減員のために法科大学院を廃止せよ,と言っている。
 マクロの制度論については,私は減員反対だが,まあ,そういう主張をするならご自由にという感じではある。
 ただし,一点許せないのは,どの候補者も渦中の人(すなわち法科大学院に通っている人,卒業して受験中の人,さらにいえば三振した人)に対する配慮が全くないことである。「3000人合格」「法科大学院卒業者の7~8割合格」,そう言われて進学したのである。事情を知らない“馬鹿者”どもから「甘えるな」という声が聞こえてきそうであるが,「甘え」ではない。2~3割しか合格しないのなら最初からそういってくれ,1500人しか合格させないのならこれも初めからいってくれ,と主張しているだけである。ある選択肢の「リスク」が高いのがわかっていれば,その選択は自己責任である。司法試験の合格率が低くて合格できなくても最初からそれがわかっていれば,甘んじて受け入れよう。ところが,法科大学院制度は,後出しじゃんけんばかりである。私は初年度の進学者であるが,その進学者が受験するときの合格者数が,入学後も決まっていなかったのである(7割から8割という議論を前提にして進学しているものが多かった)。ところが,実際には4割程度の合格でしかなかった。一年生在学時新聞に合格者数の予測がでたとき,私も含めて社会人出身者3人で昼食をしていたが,みんな「こんなことなら,仕事をやめて法科大学院にはこなかった」といった。それ以降,ここ7年間ほど,合格者数については後出しじゃんけんの連続である。当初,平成22年には合格者数が3000人になるはずであった。それが,未だに2000人である。この合格者数をどこで決めているのかも全く不透明である。法務官僚と裁判所,検察庁,弁護士会の「優秀な」法曹三者が,司法改革の議論をいつのまにか放り出し,制度をいじり倒しているのだろう。
 さる高名な裁判官がいる。司法研修所の所長でもあったし,いまはどこかの地裁の所長をしているようである。この裁判官が新聞で「質が確保できなければ,合格者数が減るのはあたりまえ」などと言っていた。しかし,過去の司法試験の歴史を知っている人間から言えば,何を言っているのだ,という感じである。そもそも,司法試験合格者数が絶対基準で決められていたことなどない。まず数をきめて,その数だけ合格者を出していたのである。この裁判官は,合格者数を予定より低く抑えることを正当化しているだけである。
 また,この裁判官は,同じころ法科大学院の必修科目の「法曹倫理」の教科書を出版していた。私は無性に腹がたった。少し説明しなければわかりにくいだろうが,要するにこの人は人間性に対する理解がないか,あるいは強者の論理でそれを無視していると感じたのである。
 「法曹倫理」が役にたつのは,弁護士になったときである。大事な科目であるとは思うが,しかし,司法試験の科目ではなく,受験自体には何の役にもたたない。この裁判官のいう「質」と法曹倫理とは全く関係のない受験科目の成績のことである。
 2~3割しか合格者のいないときに,受験と全く関係のない(合格して弁護士となって初めて意味のある)「法曹倫理」の勉強に身がはいるかどうか,自明の理であろう。いいとか悪いとか言っているのではない,それが人間というものだろう。そして,受験科目の成績が悪ければ(質が確保できなければ)落とすのは当たり前,と言っている人間が,受験科目とは関係のない「法曹倫理」の教科書を出版して受験生に勉強させようとしているのである。
 この人は,「法曹倫理」の授業の際,後ろの席に座って内職をしている人間の気持ちなどかけらもわかってないか,そんな人間などどうでもよいと考えているのだと私は思った。だから腹がたったのである。
 マクロの法曹養成の制度論や数の問題になると,こうした官僚,法曹三者の強者の論理しか通用しない人間ばかりが発言しているように思えてならない。制度の渦中で「しんどい思い」をしている学生,受験生の立場に配慮している発言などついぞ聞いたことがないような気がする。今回の日弁連の会長選挙での,法曹人口論もまた同じである。
プロフィール

多賀光明

Author:多賀光明
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。